※当サイトではアフェリエイト広告(Amazonアソシエイトを含む)を利用して商品を紹介しています。

【2023年最新】軽自動車ターボオーナー必見!オススメサマータイヤ6選!

タイヤ
  • タイヤの寿命はどう判断すれば良い?
  • タイヤを交換したいんだけどどうやって購入すれば良い?
  • タイヤ購入する時に何を考えれば良いの?
  • 軽自動車ターボにオススメのタイヤを教えてほしい。

軽自動車のメンテナンスでタイヤ交換は非常に重要です。タイヤの購入もさまざまな方法が選べるようになったので、タイヤ選びの時に何を基準に判断してよいかわからないですよね。

元自動車整備士で、8年間自動車のお医者さんとしてさまざまな車のさまざまな症状に直面し治療に従事してきました。

今でも軽自動車ターボに乗って毎日通勤しています。

そこでこの記事では、タイヤ選ぶ際のタイヤの性能や買うときに考えておくことなどを詳しく解説し、軽自動車ターボのオススメのタイヤを紹介します。

この記事を読めば、損することないタイヤ選びが可能になります。

\ タイヤ交換を早く決めたい方はこちらから!!➀/
\タイヤ交換を早く決めたい方はこちらから!!➁/
目次
  1. 軽自動車ターボのメンテナンスは非常に重要
    1. タイヤメンテナンスはカーライフを大きく変化させる
    2. タイヤの寿命の判断は3項目に注目して判断する
  2. 軽自動車ターボ用のタイヤ購入方法
    1. タイヤをネットショップで購入する
      1. タイヤをネットショップで購入するメリット 
        1. タイヤを販売店より安く購入できる
        2. サイズ選択で検索できるので値段比較などが手っ取り早い
        3. 販売店では見かけない海外タイヤが買える
      2. タイヤをネットショップで購入するデメリット
        1. タイヤの良し悪しを自分で判断しなければならない
        2. タイヤの交換を自分で手配しなければならない
    2. タイヤを販売店で購入する 
      1. タイヤを販売店で購入するメリット 
        1. 店員に相談できる
        2. タイヤの現物が確認できる
        3. タイヤを購入したらそのまま交換して帰れる
      2. タイヤを販売店で購入するデメリット
        1. タイヤの値段が高い
        2. 展示してあるタイヤの種類が少ない
        3. 欲しいタイヤの在庫が無いと予約して再度来店する必要がある
  3. 軽自動車ターボのタイヤは性能で判断する
    1. 【直進安定性】走行性能の基本
      1. 直進安定性は運転者の心理に影響を与える
    2. 【乗り心地】タイヤの総合評価
    3. 【ウェット性能・ドライ性能】タイヤのグリップ力
      1. 路面の摩擦力に差があっても安定的なグリップ力が必要
    4. 【静粛性】静粛性の追求は性能とのバランスが必要
      1. 路面と接触する時の音(ロードノイズ)を低減させる
      2. タイヤの溝に空気が流れる時の音(パターンノイズ)を低減させる
    5. 【低燃費性】ランクで表示されている
    6. 【ライフ性】一番注目される性能で進化が加速している
  4. 軽自動車ターボのサマータイヤオススメ5選
    1. 【ダンロップ】 ENASAVE RV505
    2. 【ミシュランタイヤ】 ENERGY SAVER 4
    3. 【ヨコハマ】 BluEarth-RV RV03CK
    4. 【トーヨー】 TRANPATH mp7
    5. 【ブリヂストン】 REGNO GR-Leggera
  5. <番外編>元整備士がこだわって履いているタイヤです
    1. 【ダンロップ】LE MANS V
  6. タイヤ交換は専門業者にお願いするのがオススメ
    1. 自社のタイヤ交換の工場も完備のタイヤネットショップ
    2. オートバックスが公式パートナーのタイヤネットショップ
  7. まとめ

軽自動車ターボのメンテナンスは非常に重要です。狭い規格内で各メーカーが「安全性」「快適性」などを追求し、しのぎを削って設計しています。ターボモデルはよりエンジンやシャーシに負担を抱えていますので、寿命を長くするためにも確実なメンテナンスを施しましょう。

<<【軽自動車ターボの寿命は短い?】軽自動車ターボの点検と整備のポイントを解説

軽自動車ターボのメンテンナンスはいろいろありますが、その中でもエンジンオイル交換とタイヤ交換は非常に重要ですので確実に実施していきましょう。

<<【軽自動車のターボは壊れやすい!?】軽自動車ターボのエンジンオイル交換を徹底解説

<<【軽自動車ターボオーナー必見!】元整備士が選ぶオススメのエンジンオイル7選

車の仕事は「進む」「止まる」「曲がる」ですが、最終的にタイヤが行動を起こして完了となります。とんでもない高級車でもタイヤが無ければ車として成立しません。タイヤの状態が車のポテンシャルを大きく左右させますし、カーライフ自体を左右する事にもなりかねません。タイヤメンテナンスは車の持ち主として、確実にやっていきましょう。

タイヤの交換時期は、自分で点検して判断する必要があります。タイヤの消耗状態は3項目に注目して判断するとスムーズです。

1、タイヤの溝を確認する・スリップサインがタイヤ溝から浮かび上がっている
・タイヤ溝が専用測定器で1.6mm以下だった
2、タイヤの空気圧を確認する・空気が抜けやすくなってきた
・エアバルブからエア漏れしている
3、タイヤの劣化状態を確認する・タイヤの側面にひび割れがある
・前回からのタイヤ交換から5年が過ぎている

一つでも当てはまる項目があれば、タイヤを交換することをオススメします。

<<【軽自動車ターボのタイヤの寿命は?】タイヤの空気圧などの点検方法を徹底解説!

現代においてタイヤの購入方法も多様化してきました。主流となる2つの選択肢を紹介します。

タイヤも普通にインターネットで買える時代になりました。タイヤは高価な買い物だけに何とか安く抑えようとしたくなりますよね。「安く買う」という判断で真っ先に思いつくのがネットで購入するという選択。そのメリットとデメリットを解説します。

「ネットで購入すると安く買える」ことが現在の常識になってますよね。タイヤを購入するにあたっても同じで、ネットでタイヤを購入すると安く購入することができます。

タイヤサイズタイヤ銘柄販売店価格ネット価格差額ネット購入
お得率
155/65R14【ダンロップ】
エナセーブ EC204
42,680円25,067円17,613円41.3%
【ブリヂストン】
エコピア NH200C
49,720円31,121円18,599円37.8%
【ヨコハマ】
ブルーアース ES32
40,480円25,680円14,800円36.6%
165/55R15【ダンロップ】
エナセーブ EC204
59,840円34,441円25,399円42.5%
【ブリヂストン】
エコピア NH200C
72,600円45,000円27,600円38.1%
【ヨコハマ】
ブルーアース ES32
60,280円34,760円25,520円42.4%
2023年11月29日調べ

ネット業者はタイヤを確保する際に中間業者を介さない為、販売価格を安くできます。ネット販売の方が30%~40%程安く購入することができます。

検索の段階でサイズを入力できるので、他のサイズが目に入ることも無いため、間違えずに性能比較や値段比較が可能です。販売店だとサイズを探して値段を確認、見当たらなければ店員さんに聞く必要があります。

日常ではあまり聞いたことない、海外のタイヤを購入することが可能です。特に最近ではアジアンメーカーのタイヤに注目が集まっています。その代表的なメーカーを紹介します。

メーカー名会社概要代表タイヤ
(軽自動車用)
NANKANG
(ナンカン)
1959年設立の台湾タイヤメーカーNS-25、NS-20、AS-1
KUMHO
(クムホ)
1960年設立の韓国タイヤメーカー
1977年に日本にも会社を設立
ECSTA-HS51
ecowing-ES31
KENDA
(ケンダ)
1962年設立の台湾タイヤメーカーKR23AKOMET PLUS
HANKOOK
(ハンコック)
1941年設立の韓国タイヤメーカーKINERGY eco2

どのメーカーも日本のメーカーと技術提携していたり、日本のメーカーに品質改善依頼をしたりとアジアンメーカーながら品質はどんどん向上しています。性能や価格も様々ですので、よく吟味して購入することをオススメします。

自分で検索して購入しますので、性能や値段を自分で判断しなくてはいけません。知識や経験ない人がタイヤを選択しようとすると、かなり時間が掛かり本当に良かったのかと不安になることもあります。知識や経験のある人にアドバイスをもらった上での購入をオススメします。

ネットで購入すると、タイヤだけ届きますのでタイヤ交換の手続きも自分で手配する必要があります。タイヤを購入してから、タイヤを交換して自分の車に取り付けられるまで時間も掛かります。

「タイヤは何を選んでよいかわからない」「安全に走れればなんでもよい」と考える人は販売店で購入することをオススメします。

タイヤはいろいろあって何を買えばよいかわからないので、店員に要望を伝えて吟味してもらう方が手っ取り早いです。専門知識の中からより自分にふさわしいタイヤを選んでくれますので、しっかり要望を伝えて吟味してもらいましょう。

ネットだと絶対できないのが現物確認です。サイズやタイヤ外観はネットの画面上で確認できますが、実際のサイズ感や質感、細かいタイヤパターンの所は実際に見て初めて感じれる部分です。現物を見て購入できれば後悔するような失敗はありません。

販売店でタイヤを購入した時はそのまま交換してもらえます。販売店としてもタイヤ交換込みでの値段設定をしているケースもあるので、交換工賃が値引きされているケースがあります。

ネット購入と相反して販売店は在庫の確保や中間業者を介すことにより、販売店としてのコストが上がる為タイヤの値段が高いです。

基本的に取り扱っているタイヤのメーカーの種類やタイヤの種類が少ない傾向にあります。ある意味厳選しておいてあるので、展示してあるタイヤが店舗のオススメと考えて良いかもしれません。

販売店の一番の利点が交換して帰れる事なのに、欲しいタイヤのサイズが無いと再度来店する必要があります。

引用元:BRIDGESTONE

軽自動車ターボのタイヤは高性能のタイヤを選ぶことをオススメします。軽自動車の大きな特徴は、様々なパーツの値段が安いということでもありますが、タイヤは性能を低いものを選択すると事故に直結します。軽自動車ターボのパワフルな走りをしっかり受け止めてもらうタイヤ選びをすることが大切です。

強風の影響や路面状況の悪化に対して、車両のふらつきを抑えて真っ直ぐ安定的に走ろうとする性能です。特にスーパーハイトワゴンのような車高の高い車は、横風や路面の影響を受けやすいので直進安定性が良いタイヤを選ぶことが重要です。

タイヤの直進安定性が、運転者に与える影響などの研究結果が出ています。

引用元:J-STAGE
  • 車両のふらつきは運転者の修正操舵に影響を受けている
  • 直進安定性は運転者の「安心」と「不安」の心理に影響している。
  • 直進安定性の優劣は、運転者の前方注視の差によっても現れる。
  • コーナーリングにおいては、後輪のグリップ力が大きいと安心して曲がれる。

道路には必ず凹凸があります。タイヤは回転して凹凸を乗り越えて行くのですが、振動が車内まで及ぶかどうかで乗り心地は変わります。性能が安定しているタイヤは、結果的に乗り心地が良いタイヤと判断できます。

タイヤのグリップ力とは「進む」「曲がる」「止まる」のすべての動作において影響を受けます。タイヤのゴムが路面の凹凸に入り、接地面に居続けようとする状態の事。乾いた路面と濡れた路面とでは、タイヤと路面に生まれる摩擦力が全然違います。

路面との摩擦力に変化があっても安定的なグリップ力を持つタイヤが求められます。

路面別の摩擦係数(μ:ミュー)を紹介

摩擦係数とはタイヤと路面の接触面に働く摩擦力と垂直に作用する圧力との比率の事をいいます。1kgのおもりを1kgの力で引っぱれる時の摩擦係数が1となります。

  • 乾いたアスファルト  μ=0.8前後
  • 濡れたアスファルト  μ=0.5前後
  • 雪のアスファルト   μ=0.4前後
  • 圧雪のアスファルト  μ=0.3前後
  • 凍ったアスファルト  μ=0.15前後

乾いたアスファルトと濡れたアスファルトでも半分ぐらいの摩擦係数になりますので、タイヤのグリップ力にも影響してきます。雪、圧雪、凍ったアスファルトはスタッドレスタイヤの出番となります。

一般的なノーマルタイヤには溝が切られています。濡れた路面でも安全に走行できるように溝があるのですが、タイヤ溝がある影響でノイズが発生します。ノイズを抑えることが静粛性に大きくつながります。

タイヤが回転し路面に接触する時の振動が、車の部品を伝って車内に伝わる音の事をいいます。「ゴー」や「ガー」と聞こえるのがロードノイズです。路面状況やタイヤの硬さなどで音が変化します。ロードノイズを低減させるため、タイヤ側面のショルダー部を工夫して振動を低減させたり、タイヤの裏側に吸音スポンジを組み込んで静粛性を追求しています。

パターンノイズは文字通りタイヤのパターン(溝)による音なので、タイヤのパターンによって音が異なります。極端な話をするとF1などで使用されるスリックタイヤはタイヤに溝は無いので、パターンのノイズはありません。パターンノイズを低減させるため、音を分散させるための細かい溝を入れたりなどの工夫がなされています。

引用元:BRIDGESTONE

低燃費タイヤとはJATMA(一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)がタイヤの環境性能と安全性能の両方を一定の基準値を満たしたタイヤの事をいいます。環境性能の基準は「転がり抵抗性能」、安全性能は「ウェットグリップ性能」でグレーディングシステム(等級制度)を策定しています。

転がり抵抗係数 RRC
(単位N/kN)
等級ウェットグリップ性能 G
(単位-)
等級
RRC≦6.5AAA155≦Ga
6.6≦RRC≦7.7AA140≦G≦154b
7.8≦RRC≦9.0A125≦G≦139c
9.1≦RRC≦10.5B110≦G≦124d
10.6≦RRC≦12.0C

もちろんAAAとaのタイヤが理想的なのですが「転がり抵抗係数」と「ウェットグリップ性能」は相反する関係にあるため、タイヤメーカーがしのぎを削ってタイヤの開発に取り組んでいます。

タイヤの寿命を示す指標になります。現代は耐摩耗性に優れたタイヤも数多く開発されていますので、結果的にライフ性能が良いタイヤがどんどん生まれています。

軽自動車ターボ用ノーマルタイヤのオススメを紹介します。オススメを紹介するにあたり、コンセプトをお伝えします。

  • ターボモデルに多いサイズの165/55R15を紹介。
  • 価格よりも性能が良いタイヤを選択。
  • 様々なリサーチと整備士としての経験と主観の印象で選定

この記事での口コミは、自動車好きならみんなが知っている「みんカラ」の口コミをお届けします。自動車好きの人たちの役立つ情報が詰め込まれたサイトになってますので、口コミに関しても良い悪い関係なく車のオーナーさんが素直に感じた細かい感想が書かれています。

<<みんカラはこちらから>>

ウメサワー
ウメサワー

私もみんカラの口コミをいつも参考にして、パーツやケミカルを選んでいます。

横風や道路のわだち等、不意なふらつきでも安定した走行を実現。
定員乗車時のコーナリングやレーンチェンジ後の荷重移動を“がっちり”支える。
ミニバン特有のふらつきを抑制して、トータルライフや静粛性にも配慮した、より安全・快適が続くミニバン専用タイヤ。

引用元:ダンロップタイヤ

ミニバン専用タイヤですが、軽自動車の特にハイトワゴンはミニバンと同じ体形を持つ車ですのでENASAVE RV505はオススメです。

<<ENASAVE RV505のみんカラの口コミはこちらから>>

  • 新配合コンパウンドの採用により、ウェット路面でのグリップ性能を向上。 低燃費性能とウェット性能のバランスを高レベルで達成。
  • 縦溝幅の最適化により、パターンノイズの低減を実現。
    アンダートレッドラバーを採用することで、ロードノイズの低減を達成。
  • アンダートレッドラバーにより、他の性能を犠牲にすることなく、低転がり抵抗を実現、燃費性能に貢献。
引用元:ミシュランタイヤ

海外でも有名なメーカーのタイヤです。軽自動車にとっては高級なタイヤというイメージだと思いますが、性能を考えるとオススメのタイヤになります。

<<ENERGY SAVER 4のみんカラの口コミはこちらから>>

車内がより静かな快適空間へ。静粛性の向上、ふらつきや偏摩耗も抑える為、「パワーインサイドショルダー」「ツインパワーリブ」「3次元サイプ」を採用。

  • パワーインサイドショルダーの採用で、高剛性のショルダーが優れた操縦安定性を発揮、高いブロック剛性が偏摩耗を抑制。
  • ツインパワーリブの採用で、2本の幅広リブで高い操縦安定性を発揮。
  • 3次元サイプの採用で、高剛性の3次元サイプと通常サイプを交互に配置し、剛性差で周波数を分散しにノイズを抑制、耐偏摩耗制を発揮。

摩耗寿命の向上とウェット性能の維持を実現。安心感・安全性が長く続く。雨に強く、摩耗寿命のさらなる向上。溝の面積比を減らし、溝の深さを維持するパターン技術を採用することで、耐摩耗性能を向上。

  • 斜めのカットグルーブを採用する事によって優れた排水性を発揮。
  • ストレートグルーブを採用することで高い排水性とウェット性能を実現し、直進安定性と優れたハイドロプレーニング性を発揮
引用元:YOKOHAMAタイヤ

ウェットグリップ性能評価「a」を獲得したタイヤです。耐摩耗性や静粛性に優れていますのでオススメです。

<<BluEarth-RV RV03CKのみんカラの口コミはこちらから>>

  • ダイナミックテーバーと高剛性ブロックで接地面積を確保し、高さのあるミニバンのふらつきを制御し、しっかり感を実現しました。
  • 新配合のスーパーグリップコンパウンドで、優れたウェット性能・摩耗性能を高次元で両立しました。
  • トランパスが誇るロングライフを継承し、低燃費サイドウォールで転がり抵抗も確保しました。

こちらもウェットグリップ性能評価「a」を獲得したタイヤです。トランパスの伝統を受け継いで低燃費にもこだわったタイヤです。

<<TRANPATH mp7のみんカラの口コミはこちらから>>

1、【様々な走行シーンでのノイズを抑制】軽自動車での静かな車内空間を演出

街乗りから高速走行まで様々な場面で使用される軽自動車。REGNOで培われたサイレントテクノロジーを軽自動車専用にチューニングすることで様々な速度域でのノイズを抑制し、高い静粛性を実現。

2、【レーンチェンジ時のふらつきを抑制】快適な乗り心地を実現

GR-Leggera 専用に非対称形状・非対称パタン・高剛性トレッドを採用することでふらつきを抑制し、快適な乗り心地を実現。また「パワーサイド構造」を採用することで重心が高く、ふらつきやすい傾向があるハイト系軽自動車にも対応。

3、【高い耐摩耗性を実現】より安全に長く使えるロングライフタイヤ

ブリヂストン独自技術ULTIMATアルティメット EYEアイ により、タイヤと路面の接地圧を均等化。さらに高耐摩耗ゴム 採用によりウェット性能はもちろん、低燃費性能を犠牲にすることなくライフ性能を向上。タイヤをより安全に長くご使用いただけます。

引用元:BRIDGESTONE

軽自動車専用に作られたタイヤです。普通車とのタイヤの振動や回転数の違い、偏摩耗の特性などを奥深く研究されていて、軽自動車の走りを変えてくれるタイヤに仕上がっています。価格も他のオススメよりも高めです。

<<REGNO GR-Leggeraのみんカラの口コミはこちらから>>

軽自動車を所有して15年以上が経ちます。車購入時に付けられているタイヤを除けば、ずっとこのダンロップルマンのタイヤを代々取り付けています。

プレミアムカー向けグローバルフラッグシップタイヤ「SP SPORT MAXX 060+(エスピースポーツマックス ゼロロクゼロ プラス)」で採用した天然由来の『サステナブルシリカ分散剤』を用いることで、安全性能ではウエットブレーキ性能を2%向上、快適性能においても突起乗り越し時の入力を7%低減することで乗り心地性能が向上しています。

さらに「LE MANS V」で効果的だった全体で振動を吸収するサイドウォール、振動を吸収するパターンデザイン、空洞共鳴音を低減する特殊吸音スポンジ『サイレントコア』は継続して採用することで高い静粛性能を発揮し、新たに運用が開始されたラベリング制度「低車外音タイヤ」にも適合しています。

また、デザイン面では、15インチ以上のサイズに独自の黒色デザイン技術『Nano Black』を採用し、所有欲を掻き立てる洗練されたサイドウォールデザインになっています。

引用元:ダンロップタイヤ
ウメサワー
ウメサワー

かなりソフトな感触のタイヤなので、スポーティーな走りには不向きかもしれません。普段走りでも若干柔らかさを感じる瞬間もあります。ただ静粛性と低燃費性はピカイチだと思います。高速の一定速度走行時は本当に静かで心地よいですし、燃費も9年前の軽自動車で20km/Lを記録することはざらにありま

ビックリしたのが、タイヤ内部に本当にスポンジが貼り付けられていたことです。

<<LE MANS Vのみんカラの口コミはこちらから>>

タイヤ交換は専門的な知識が必要ですので専門業者にお願いするのがオススメです。タイヤ購入からタイヤ組み換えまでが一括でできるとものすごく楽ですし安心ですよね。そんな動線がしっかりしているタイヤ専門店を紹介します。

\ 専門業者に依頼して安心安全のタイヤ交換を!! /
ウメサワー
ウメサワー

私がタイヤを購入する際はいつも利用させてもらっています。ネット通販としてネームバリューもありますので、とても安心して購入できます。

<<楽天市場内のオートウェイ 口コミ評価>>

\ 信頼ある店舗でのタイヤ交換が可能です!! /
ウメサワー
ウメサワー

今回は軽自動車ターボのタイヤの選び方と購入方法、オススメタイヤを紹介しました。

  • タイヤをネットで買うメリットは、安く買えることやサイズ選定で検索ができること。
  • タイヤをネットで買うデメリットは、タイヤの良し悪し判断や交換手続きを自分でやらなくてはいけないこと。
  • タイヤを販売店で購入するメリットは、現物が見れたり、店員に相談できること。
  • タイヤ販売店で購入するデメリットは、タイヤの値段が高いことや種類が少ないこと。
  • 軽自動車ターボのタイヤ選びは性能を重視して判断する。

軽自動車ターボのタイヤ選びはとても重要です。日常のカーライフを安心安全なものにするために、妥協することなく、納得のいくタイヤ選びをしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました