※当サイトではアフェリエイト広告(Amazonアソシエイトを含む)を利用して商品を紹介しています。

【ディスクローターの交換は必要?】軽自動車ターボ用ディスクローターオススメ3選

ブレーキ
  • ブレーキメンテナンスってブレーキパッドの交換だけでいいんでしょ?
  • ディスクローターも交換しなくちゃいけないの?
  • ディスクローターってただの鉄の円盤なんじゃないの?
  • ディスクローターに種類なんてあるの?
  • 交換するならどんなディスクローターが良いのか教えてほしい。
  • そもそもディスクローター交換にどれぐらい費用がかかるの?

軽自動車ターボは、通常の軽自動車よりもパワーが大きいため、ディスクローターへの負担も大きくなります。ブレーキパッドの交換は必要だと知っている人は多いですが、ディスクローターも消耗し交換が必要になります。

元自動車整備士で、8年間自動車のお医者さんとしてさまざまな車のさまざまな症状に直面し治療に従事してきました。今でも軽自動車ターボに乗って毎日通勤しています。

そこでこの記事では、軽自動車ターボ用のディスクローターの特徴を解説し、元整備士が選ぶオススメディスクローターを紹介します。

この記事を読めば、軽自動車ターボ用のディスクローターを購入する際に、悩まずに購入できるようになります

\ 車に乗るならお財布にやさしい&もらえるカーリース /

軽自動車ターボのブレーキシステムは、前輪が「ディスクブレーキ」で後輪が「ドラムブレーキ」という形が多いです。パーキングブレーキは「レバー式」「フット式」「電動式」に分けられます。

<<【初心者でわからない人必見!】軽自動車のブレーキの仕組みを徹底解説!

<<【初心者向け】軽自動車のディスクブレーキの仕組みをわかりやすく徹底解説!

<<【初心者向け】軽自動車のドラムブレーキの仕組みをわかりやすく徹底解説!

今回は前輪で使用されているディスクブレーキのディスクローターについて紹介していきます。

軽自動車ターボのメンテナンスは非常に重要です。軽自動車という限られた規格内で各メーカーが「安全性」「快適性」などを追求し、しのぎを削って設計しています。ターボモデルはよりエンジンやシャーシに負担を抱えていますので、寿命を長くするためにも確実なメンテナンスを施しましょう。

<<【軽自動車ターボの寿命は短い?】軽自動車ターボの点検と整備のポイントを解説

ウメサワー
ウメサワー

軽自動車ターボは、規格いっぱいで高性能に設計されているのであらゆる部品に大きな負担が掛かっています。きめ細やかなメンテナンスが非常に重要になります。

引用元:曙ブレーキ工業株式会社

ブレーキメンテナンスは、車の制動力を維持し安全に運転するために非常に重要です。制動力の低下やブレーキシステムの異常な状態で運転を続けると、事故のリスクが高まります。定期的なブレーキメンテナンスをおこない、いつまでも安心して運転できるようにしましょう。

ブレーキパッドやディスクローターは、摩擦によって摩耗し薄くなっていきます。摩耗が進むと制動力が低下し、停止距離が長くなったりブレーキが効きにくくなったりします。特に高速道路での走行や山道での下り坂では、制動力の低下が重大な事故につながる可能性があります。

ウメサワー
ウメサワー

特にディスクブレーキは消耗品という感覚を必ず持ってください。車に無頓着な人は「車は止まって当たり前」という感覚で運転している人がいますが、突然ブレーキが利きづらくなる可能性もありますので、しっかりメンテンナンスしましょう。

ブレーキパッドやディスクローターの摩耗以外にも、ブレーキキャリパーやブレーキホースなどの部品が劣化したり、損傷したりする可能性があります。定期的なメンテナンスによって、これらの異常を早期に発見し、修理を行うことで重大な故障や事故を防ぐことができます。

車検ではブレーキの効き状態が重要検査項目とされ、規則に従って検査されます。ブレーキメンテナンスを怠ると、車検に通らない可能性があります

ディスクローターは、ブレーキシステムの中で最も重要な部品の一つであり、ホイール内側に取り付けられた円盤状のパーツです。ブレーキパッドが摩擦することで、車両の速度を減速させます。

ディスクローターは、主に以下の3つの部分で構成されています。

ディスクローターに使用される材料としてカーボンと鋳鉄が主に使われ、カーボンは高価で競技用途に限られるのに対し、乗用車には鋳鉄が一般的に使われています。 鋳鉄は摩擦係数が安定しており、パッドの摩耗が少なく、鳴きも少ない特徴があります。 ただし、メタリック系のブレーキパッドを使用するとディスクローター表面が荒れる可能性があるため、通常は非メタリック系のノンアスベスト系のパッドが推奨されています。鋳鉄製のディスクローターは大きく分けて3種類あり、それぞれに特徴があります。

種類特徴メリットデメリット
ねずみ鋳鉄・加工性が優れる
・摩耗に強く、大量生産が容易
・FC鋳鉄が典型的な例
・純正品で多く採用
・高温域での急激な温度変化に弱い
・高温域での変形やクラックの可能性
ダクタイル鋳鉄・引っ張り強さが鋼に匹敵
・耐熱性が高い
・FCDが代表的な形
・純正品に使用
・鋼と同等の引っ張り強さ
・耐熱性が高い
・表面硬度が低く、異常摩耗の可能性
・発熱性が高く、ブレーキ異常発熱の可能性
CV鋳鉄・ねずみ鋳鉄とダクタイル鋳鉄の中間的な性質
・製造工程の品質管理が難しい
・ねずみ鋳鉄やダクタイル鋳鉄と同等の性質を持つ可能性・品質の安定化が難

放熱フィンは、ディスクローターとブレーキパッドの摩擦によって発生した熱を効率的に放出するための突起です。 高い熱伝導率の素材で作られたフィンは、熱を周囲の空気に伝達し、ディスクローターの温度上昇を抑制します。

ディスクブレーキは、回転するディスクにブレーキパッドを押し付け、摩擦によってクルマのスピードを減速させ、その過程で熱エネルギーが生成されます。

放熱フィンは、ローターが熱くなることを防ぎ、効果的に熱を放出する役割を果たします。 過熱が起こると、ブレーキの性能が低下し、減速がうまく行かなくなるフェード現象が起こります。 ローター径を大きくしたり、表面積を増やしたり、空気の流れを改善することが重要です。

フィンの種類特徴
ストレートフィン・最もシンプルな形状で、製造コストが安価
・24~48本のフィンが一般的・
・フィン数が少ない場合は軽量化、多い場合は剛性向上
カーブフィン・渦巻き状で、冷却風をスムーズに排出可能
ピラーフィン– 放射状に伸び、軽量化と放熱向上の両立可能

カーブフィンやピラーフィンはより放熱を求める走行環境でより効果を発揮します。海外の高級車やサーキット走行用のアフターパーツなどで採用されています。一般的なストレートフィンで一番放熱性が良い本数の研究などもなされていますので是非参考にしてください。

<<ディスクブレーキ冷却解析 by CHAM JAPAN>>

ホイールに固定される部分です。ハブボルトに差し込む形で取り付けし、ホイールナットで固定されます。

軽自動車ターボのディスクローターは大きく分けて3種類あります。それぞれ紹介します。

最も一般的なタイプのディスクローターです。1枚の鉄の板で作られており、シンプルな構造をしています。ソリッドディスクに放熱フィンはついておりません。

メリット・バネ下重量を軽減し、運動性能向上に貢献。
・ベンチレーテッドディスクよりも安価で、コストパフォーマンスに優れている。
デメリット・ベンチレーテッドディスクに比べて放熱性が低い。
・高温になりやすいため、歪みや摩耗が激しい。

放熱フィンを備えたディスクローターです。ソリッドディスクよりも放熱性に優れており、フェード現象と呼ばれるブレーキ性能の低下を防ぐことができます。スポーツカーや高性能車など多く採用されています。今や軽自動車にも多く採用されています。

メリット・放熱フィンによって、熱を逃がしやすくなるため冷却性能が大幅に向上。
・高い冷却性能によりフェード現象を抑制し、安定した制動力を維持。
・放熱フィンなどのデザイン性が高いものが多く、車の外観をスポーティーに演出。
デメリット・バネ下重量が増量し、運動性能が低下する。
・ソリッドディスクより高価。

ローター部に溝を刻んだ構造のディスクローターです。「ストレートスリット」と「カーブスリット」があります。

メリット・溝によって空気の流れが促進され、熱を効率的に逃がすことができる。
 フェード現象の抑制、ローターの歪みの防止、およびパッドの摩耗の軽減が期待される。
・ブレーキパッドとローターが擦れる際に発生するガスを溝が排出する効果がある。
 制動力の安定化やブレーキ鳴きの軽減が期待される。
・ブレーキパッドが常に削れらるため、ディスクローターがクリーンに保たれる。
デメリット・スリットによってブレーキパッドが擦られるため、摩耗が促進される。
・溝とブレーキパッドが接触するときに異音が発生。(スリット音=異常ではない)
・スリットローターはプレーンローターよりも高価。

ディスクローターに穴を空けたタイプのディスクローターです。高性能な車やレーシングカーなどに多く採用されています。

メリット・穴が熱を効率的に放出するため、ブレーキローターの温度上昇を抑制。
 高温によるブレーキフェードやローターの割れを防ぎ、安定した制動力と高いブレーキ性能を実現。
・ブレーキパッドとローターの摩擦によって発生するガスを穴が排出し、
 ブレーキタッチが向上よりスムーズな制動を実現。
 特に路面状況が悪い場合に効果を発揮します。
デメリット・スリットローターやプレーンローターに比べて高価。
・穴周辺が摩耗しやすく、高温状態が続くとクラックが入りやすい傾向がある。
 摩耗量はスリットローターより大きい。
ウメサワー
ウメサワー

軽自動車向けのドリルドローターは、ほとんど設定がありません。サーキットでレースで使う車などに使われる程度ですので、街乗りや高速道路を走る程度の人は選択肢にいれる必要は全くありません。

軽自動車のブレーキローター選びは、安全運転に直結する重要な要素です。適切なブレーキローターを選択することは、制動力やブレーキフィーリング、燃費にも影響を与えます。

軽自動車といっても、車種によってブレーキシステムの仕様はさまざまです。そのため、車種専用のディスクローターを選ぶことが基本です。車種専用のブレーキローターを選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

  • 車種名、年式、型式が正確に一致していること
  • 純正品番が一致していること
  • ディスクローターの厚み、直径、取り付け穴の数と位置が一致していること

車種専用のディスクローターであれば、取り付けや性能面で問題なく、安全に使用することができます。車種別適合情報はメーカーのウェブサイトやカー用品店などで確認できます。わからない場合は、専門知識を持った整備士に相談することをおすすめします。

軽自動車のディスクローター選びにおいて、使用環境も重要な要素です。

  • 街乗り中心:純正品やスタンダードな社外品で十分な性能を発揮。
  • 峠道や山道をよく走る:スポーツ走行向けのディスクローターを選ぶと、制動力や耐熱性が向上し、より安全な走行が可能。
  • サーキット走行:高性能なディスクローターとパッドの組み合わせが必要。

使用環境に合ったディスクローターを選ぶことで、必要な性能を備えつつ、コストパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

軽自動車のディスクローターには、様々な性能を持った製品があります。代表的な性能は以下の通りです。

  • 制動力:ブレーキを踏み込んだ時に感じる効き具合。制動力が高いほど短い距離で車を止められる。
  • 耐熱性:ハードなブレーキング時に発生する熱に耐える能力。耐熱性が高いほどブレーキ性能の低下を防ぎフェード現象を抑制。
  • 放熱性:発生した熱を効率的に放出する能力。放熱性が高いほどブレーキローターの温度上昇を抑え、安定したブレーキ性能を発揮。
  • ノイズ:ブレーキパッドと擦れる際に発生する音。静音性の高いブレーキローターは、快適な乗り心地を提供。
  • 摩耗性:ブレーキパッドとの摩擦によって削れていく速度。摩耗性が低いほど長持ちする。

さまざまな性能を自分の運転スタイルやニーズに合わせて選ぶことが重要です。

ディスクローターとブレーキパッドは密接に連携して機能し、適切な組み合わせを選ぶことが重要です。 硬いブレーキパッドはディスクローターを早く摩耗させ、柔らかいブレーキパッドは制動距離を伸ばす可能性があります。 高性能なディスクローターには高性能なブレーキパッドが必要であり、両者のバランスが重要です。 車の使用目的や運転スタイルに応じて、適切な組み合わせを選ぶことが大切であり、組み合わせが悪いと以下のようなリスクをもたらします。

  • 制動力低下: 十分な摩擦力が得られず、ブレーキの効きが悪くなる
  • 異音発生: ブレーキ時に異音が発生する
  • ブレーキパッドの摩耗増加: ブレーキパッドが早く摩耗してしまう
  • ブレーキローターの損傷: ブレーキローターが割れたり、欠けたりする

これらの問題は、安全運転に大きなリスクをもたらします。そのため、軽自動車のブレーキローターを選ぶ際には、ブレーキパッドとの相性をしっかりと考慮することが重要です。

<<【軽自動車ターボオーナー必見!】元整備士が選ぶブレーキパッドのオススメ8選

軽自動車ターボ用ディスクローターのオススメを紹介します。オススメを紹介するにあたり、コンセプトをお伝えします。

  • プレーンローター(スリットなし)とスリットローターを紹介いたします。
  • さまざまな車種設定がありますので、価格比較しやすいように「スズキ・アルトワークス」で価格を紹介します。
  • 様々なリサーチと整備士としての経験と主観の印象で選定しました。

この記事での口コミは、自動車好きならみんなが知っている「みんカラ」の口コミをお届けします。自動車好きの人たちの役立つ情報が詰め込まれたサイトになってますので、口コミに関しても良い悪い関係なく車のオーナーさんが素直に感じた細かい感想が書かれています。

<<みんカラはこちらから>>

ウメサワー
ウメサワー

軽自動車向けのディスクローターはあまり設定がなく、紹介できるディスクローターは少なくなりました。正直ディスクローターはディクセルを選んでおけば間違いないと思います。

幅広い用途にも対応するスタンダードタイプのディスクローター!

  • 近年、ノーマル品でも採用されることが多くなった防錆処理。そのトレンド以前から全品防錆コーティングを行っている、ロングセラー商品
  • 精度面では平行度、厚み偏差などを高レベルで設定し、鳴きや振動の抑制に成功
  • FC材にカーボン、シリコンなどの各種添加剤を絶妙に配合し、強度、耐熱性、耐クラック性を向上!
  • 国産車から輸入車、軽自動車からミニバン/SUVまで幅広いラインアップ
引用元:株式会社ディクセル

<<ディクセル PDのみんカラの口コミはこちらから>>

プラス20%の制動力がもたらす安全性!

  • 各種シミュレーションテストではPDタイプに比べ、摩擦係数が最大20%アップ!
  • スリット本数は鳴き、摩耗、ガスの除去効果など様々な事案を考慮し、6本に決定!
  • 20%の制動性能向上により、車輌の安全性が向上!ゆとりのあるドライビングが可能に!
  • スリットの幅、角度、深さなどは実戦データから最適な数値をチョイス
  • 回転方向はより高いシェービング効果が得られるようリバース回転(逆回転)を採用
  • スリット位置をアウター/インナーでオフセットすることによりジャダーを抑制
引用元:株式会社ディクセル

<<ディクセル PDのみんカラの口コミはこちらから>>

ラウンド形状のスリットは、ストレート形状スリットよりクリーニング効果が高く、初期制動を向上させます。ストリート走行がメインの方におすすめです。SCR Pure Plus6では、純正タイプの放射型フィン形状を採用する事で、製造型のコスト削減を図り、お求め易い価格でご提供しています。

引用元:株式会社プロジェクトミュー

<<プロジェクトμ SCR Pure Plus6のみんカラの口コミはこちらから>>

軽自動車専用に作られたブレーキパッドとディスクローターのセット商品です。お得な価格だけでなく、ブレーキパッドとディスクローターそれぞれの性能が高いので、申し分ない効き具合です。

引用元:株式会社ディクセル
ウメサワー
ウメサワー

私の今の軽自動車ターボは、ブレーキパッド交換時期が来たらこのセット毎回購入し取り付けております。街乗りやちょっとしたワインディングにはちょうど良いフィーリングなのでとても気に入っています。最近3セット目を購入、安定した制動力にとても安心感があります。

めちゃくちゃリーズナブルなのに、性能も申し分なしで大満足です

<<ディクセル KSのみんカラの口コミはこちらから>>

ブレーキは車の重要保安部品に該当するものなので、ディスクローターの交換に関する知識がない人や不安な人は必ず専門業者に依頼しましょう。

ウメサワー
ウメサワー

ディスクローター交換は、緊急時を除きブレーキパッドの交換と同時に行われることが多いです。ブレーキパッド同様、やり方を覚えれば自分で交換することはそれほど難しい作業ではありませんが、なんせブレーキなのでものすごく慎重に作業し、必ず知識ある人に確認してもらってください。

ディーラーはメーカーの正規販売店であり、高い技術力を持つ整備スタッフが在籍しているため、品質やサービスに安心感があります。 修理やメンテナンスにはメーカー指定の部品や純正パーツが使用されるため信頼性が高いです。 ディーラーで車を購入しメーカー保証の対象であれば、無料で修理を受けられることもあります。修理期間が他の業者よりも長い場合があるため、急ぎの修理には向かないことがあります。

ウメサワー
ウメサワー

軽自動車のディーラーでディスクローターを定期交換を積極的にする所は少ないかもしれませんね。なのでディスクローター交換での工賃設定は表向きには表示されていないので、ディーラーで交換したい人はディーラーに問い合わせが必要になります。

大手カー用品店は、一般的な修理において他の業者よりも費用を抑えられる利点があります。 改造車などの場合、別料金がかかったり修理が断られる可能性があります。 このような場合は、事前に店舗に問い合わせて確認することが重要です。 ディーラーよりも費用を節約できることもありますが、各店舗の費用や持ち込みポリシーは異なるため、複数の店舗から見積もりを取り、比較検討することが望ましいで

カー用品店交換部品代交換工賃
オートバックス店舗で購入(1輪)5500円~
ジェームス店舗で購入(2輪)11200円~
ウメサワー
ウメサワー

カー用品店によってや地域によってもさまざまな価格設定がされていますので、上記の価格はあくまで1例です。近くの店舗や行きたい店舗に確認するのが一番確実です。

整備工場は、ディーラーに比べて中間手数料がなく、費用を抑えられる利点があります。 一部の店舗ではディーラーにも劣らない技術力があり、安心感も提供されます。 また、整備工場では生産終了や希少なパーツでも同等の部品を見つけて修理できる場合があるため、パーツにこだわりたい人や珍しい車の修理を依頼したい人に向いています。 ただし、整備工場は品質やサービス内容にばらつきがあるため、選ぶ際には注意が必要です。 整備工場をすでに利用している人にとっては、信頼できる選択肢となります。 また、ブレーキパッドの交換は国の認可を得た指定・認定工場でしか行えないため、事前に確認が必要です。

ウメサワー
ウメサワー

個人の整備工場は整備する方もされる方もすべては人ですね。元整備士としては、整備士は車の医者として信頼を売る商売だと思うので、近いところに信頼できる整備工場ができるとものすごく助かります。信頼をお互いで作り上げた整備工場ならいろいろな価格相談も可能です。

今回は軽自動車ターボのディスクローターについてお伝えしました。

  • ディスクローターは「摩擦面」「放熱フィン」「ハブ」で構成されている。
  • ディスクローターの種類は「ソリッドディスク」「ベンチレーテッドディスク」「スリットローター」「ドリルドローター」の4種類がある。
  • ディスクローター選びのポイントは「車種」「使用環境」「性能」「ブレーキパッドとの相性」。
  • ディスクローターは「ディーラー」「カー用品店」「街の整備工場」で交換できる。

軽自動車ターボでもブレーキのディスクローターはしっかり消耗します。ブレーキパッドと同様、ディスクローターも定期交換を実施し、安全で安心なカーライフが送れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました